YouTube詳細設定の文章の作り方

YouTube詳細設定の文章の作り方

YouTube動画をアップする際に、
タイトルや説明など
いくつかの文章を入力する入力欄があります。

「入力欄に何を入力すればいいかわからない」
って方もいらっしゃると思います。

コレを詳細設定っていうのですが、
ここに入力する内容が、
検索表示の順位などに関わってきます。

やはり、きちんと入力しておきたいですよね。

そんな方のために、この記事では、

初めての動画作成で知っておくべき
7つのポイントの6つ目、

YouTube詳細設定の文章の作り方
についてお伝えいたします。


それでは解説していきますね。

詳細設定のメニュー

詳細文章のテキストを用意

まずWordやPagesなどの
テキストエディターをご用意ください。

YouTubeに動画をアップロードする前に
テキストエディターに
詳細文章を作って用意しておくと
アップロードの際にスムーズです。

この動画ではPagesの画面で解説いたします。

作成→動画をアップロード

YouTubeチャンネルのダッシュボードに行って
「作成、動画をアップロード」をクリック。

動画アップロード

現れた画面にアップロードする動画を
ドラッグします。

詳細画面

すると詳細の入力画面が出てきますので、
ここに入れる文章を解説していきます。

入れる内容は

  1. タイトル
  2. 説明
  3. 再生リスト
  4. タグ
の4つです

では順番に解説いたします。

タイトル

まずタイトルは重要です。

ここでは視聴者の欲しいもの、
知りたいことや、聞きたいこと、
見たいことを表現します。

別の動画でもお伝えしましたが、

  1. 視聴者の問題・欲求
  2. 視聴者のなりたいゴール
  3. 問題・欲求の解決法
を出してからタイトルを考えるのがいいと思います。

1時間で書ける動画の構成の作り方

1時間で書ける動画の構成の作り方

このタイトルの場合、
ゴールと問題・欲求の解決方法が
合わさった構成になっていますが、

  1. 視聴者の問題・欲求=動画の構成ってどのように作ればいいかわからない
  2. 視聴者のなりたいゴール=動画の構成を簡単にすぐ作りたい
  3. 問題・欲求の解決法=動画の構成の作成法
視聴者がどんなキーワードで
検索するのかを想定して
そのキーワードを入れるようにします。

このタイトルはあんまりいい例ではないですが、

製品やアプリの解説をする場合は、
必ず製品名やアプリ名を入れてください。

「1時間で」と言った数字を入れると
反応がいいようです。

コレはGoogle広告の担当者の人に聞いたのですが、
【】を使うと反応がいいようです。

説明

ここは、「どんな動画なのか?」の
説明を入れる場所なのですが、
ここでもキーワードを意識してください。

#タグ

説明文の先頭に#キーワードを3つ入れます。
するとYouTubeの画面にこのように表示されます。

自社サイトがあるなら、
一番上にアドレスを入れるのがいいと思います。

僕の動画では、冒頭で動画の要約を入れているので、
その冒頭の台本を入れています。

構成は以下の感じです。

  1. この動画はどんな動画か?
  2. 問題や欲求の提起
  3. この動画で解決方法が知れることを伝える
  4. この動画の目次
  5. ベネフィット:この動画を見ると得られること

タイムスタンプ

動画の目次はタイムスタンプと言って
01:05 のように何分の何秒の表示を
各目次の見出しの前に挿入すると

YouTubeの概要が表示されたときに
このタイムスタンプをクリックすると、

動画内のその地点に
スキップするという機能があります。

これは便利なので覚えておくといいと思います。

このタイムスタンプは、
半角じゃないと正しく機能しないそうですので
必ず半角で入力しましょう。

それから最後にYouTubeチャンネルのアドレス
自分の関連動画の動画のアドレスを入れてます。

動画内で別の動画を紹介するときは、
その動画アドレスを、
説明のトップの方に持ってくるようにしています。

再生リスト

再生リストには、
アップロードする動画の大まかなカテゴリーと、

関連する動画をシリーズになっている場合は、
その動画シリーズを再生リストにします。

タグ

タグは、タイトルに収まらなかった
キーワードを入れます。

3個ぐらいがベストと言われますが、
それ以上のタグを折れている人も多いようです。

YouTube検索窓のサジェスト機能

タグは、YouTubeのサジェスト機能で候補となるキーワードを探すといいと思います。
そのときにChromeなら新規シークレットウインドウ、Safariなら新規プライベートウインドウでブラウザを開くようにしてください。
これは自分の検索履歴をクリアするためです。

 


ここまでご覧いただいて
ありがとうございました。

このブログでは、

YouTube詳細設定の文章の作り方
  1. 詳細設定のメニュー
  2. タイトル
  3. 説明
  4. 再生リスト
  5. タグ

についてお伝えいたしました。

あなたの参考になったでしょうか?

参考になったよ!」というあなたは、
どんどんシェアしてもらって構いません。

それではまた、会いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です