理想的な見込み客を集客する動画コンテンツマーケティングのステップ

【理想的な見込み客を集客する】動画コンテンツマーケティングのステップ

こんにちは、海堀芳弘です。前回のブログで、

オンラインデジタルビジネスのフロー
  1. オンラインデジタルビジネスで行うこと
  2. YouTube動画マーケティングの流れ
  3. YouTubeチャンネルでブランドづくり
オンラインデジタルビジネスのフローオンラインデジタルビジネスのフロー

についてお伝えいたしました。

本日はその続き、YouTubeチャンネルに動画をアップロードして、あなたのブランドづくりをした後に、どうすればいいのか?

YouTubeチャンネルでは顧客リストを取ることができません。そういった場合に、あなたのビジネスにどのようのつなげていくのか?

この動画では、それに対しての回答、【理想的な見込み客を集客する】動画コンテンツマーケティングのステップについてお伝えいたします。それでは一つひとつお伝えしていきますね。


動画コンテンツで教育の仕組みを作る

顧客を教育イメージ

これからは、顧客を教育しなければ売れない時代です。

コレまでも実はそうだったと思うのですが、今このような世界的に大変な出来事が起こったことをきっかけに、今後は、それが表面化していくと思います。

では、「教育しなければ売れない」ってどういうことでしょうか?よく「売れない」っていう声を聞きますが、なぜ売れないのでしょうか?本当に売れないのでしょうか?

僕の視点だと、本当は『顧客が買えなかった』のです。「買えない」ってどういうことでしょうか?それは、顧客が価値を理解していないということです。

僕の見解になりますが、価値とは、コレまでお伝えしてきた言葉でお伝えすると、

顧客の価値
  • 顧客が自分自身の問題・欲求に気づくことであったり
  • 問題・欲求の解決方法を知ることであったり
  • 問題・欲求を解決すること=なりたいゴールに行くことであったり

それが価値だと考えます。

そして、一連の価値をもたらすものが商品なのです。

なので、その価値と商品が結びついていないと、お金を出してまで商品を購入しようと思いませんよね?だから顧客は買えなかったのです。

商品が売れるには価値を顧客に伝える必要があります。そして、価値に気づいてもらうために伝え続けることが必要になります。その『顧客にとっての価値』に気づいてもらう取り組みのことをここでは『教育』と呼びます。

価値の教育に最適なのが動画コンテンツです。動画コンテンツは映像でイメージを伝えることができるし、声で感情を伝えやすいです。価値だけではなく、人柄や価値観、世界観なども伝わりやすいのです。

動画コンテンツマーケティングでは、全てのプロセスで動画コンテンツで伝えます。

動画で集客:動画コンテンツでリスト集めをします 動画で教育:動画コンテンツで価値を教育し続けます 動画でセールス:動画コンテンツで商品=解決方法の提案をします 動画で商品提供:動画コンテンツ商品を作って提供します

  1. 動画で集客:動画コンテンツでリスト集めをします
  2. 動画で教育:動画コンテンツで価値を教育し続けます
  3. 動画でセールス:動画コンテンツで商品=解決方法の提案をします
  4. 動画で商品提供:動画コンテンツ商品を作って提供します

これらのプロセスを一つひとつの点ではなく一つの流れの仕組みを作っていきます。

ウエルカムシーケンスでリスト作り

ウェルカムシーケンスイメージ

ランディングページ1(オプトインページ)

Google検索やYouTubeチャンネルの動画から来た見込み客に、LP(ランディングページ)1(オプトインページ)を見せます。オプトインページとは、メールアドレスを登録してもらうページのことです。でも、タダでは誰も自分のメールアドレスを差し出したくないですよね?

リードマグネット(無料特典)

そこで、リードマグネット(無料特典)を用意します。リードマグネットは、見込み客にとって、魅力的な欲しい情報のコンテンツを用意します。そして、リードマグネットのコンテンツで同時に教育も行います。

ステップメール

登録者へのリードマグネットの受け渡しと同時に、ステップメールを配信します。ステップメールは、複数回に分けて時間差で配信するメールのことです。このステップメールの目的も教育です。

リードマグネットの最後や、ステップメールの最後の回で、FE商品のセールスのお知らせをします。

ランディングページ2(FE商品のセールスコンテンツ)

LP(ランディングページ)2がFE商品のセールスコンテンツです。ここで、FE商品のセールスを行います。

FE商品

FE商品とは、店先商品とも言われますが、試しやすい価格の有料商品のことです。ここで有料商品を提供し、登録者にお金を払うというステップを一段登ってもらいます。

ウエルカムシーケンスでリスト作りイメージ

見込み客を集客し、リードマグネットと交換にリスト登録してもらい、そのリストに教育し、FE商品を買ってもらう。ここまでの流れをウェルカムシーケンスと言います。

ウェルカムシーケンス
  1. 見込み客を集客
  2. リードマグネットをオファー
  3. リスト登録
  4. ステップメールで教育
  5. FE商品のオファー

ウェルカムシーケンスの目的は、見込み客のリストを作ることです。

アップセルシーケンスでファン客とビジネス

 

アップセルシーケンスイメージ

FE商品

FE商品は有料ですが、このコンテンツでも教育します。FE商品の最後でBE商品セールスのお知らせをします。

ランディングページ3(BE商品のセールスコンテンツ)

FE商品購入者に、LP(ランディングページ)3(BE商品のセールスコンテンツ)でBE商品のセールスをします。

BE商品

BE商品は、利益が取れる商品を販売します。BE商品を販売することで、高額商品にお金を払うというステップをまた一段登ってもらいます。

「あなたから買いたい」というファン客から、繰り返しバックエンド商品を購入してもらうビジネスモデル

FE商品を購入してもらった購入者に、FE商品でさらに教育し、BE商品のセールスをし、BE商品を購入してもらう流れのことを僕は勝手にアップセルシーケンスと呼んでいます。

アップセルシーケンスの目的は、継続的な利益の確保です。

そして、そのための顧客づくりをします。「あなたから買いたい」というファン客から、繰り返しバックエンド商品を購入してもらうビジネスモデルを構築します。


ここまでご覧いただいてありがとうございました。このコンテンツでは、

【理想的な見込み客を集客する】動画コンテンツマーケティングのステップ
  1. 動画コンテンツで教育の仕組みを作る
  2. ウエルカムシーケンスでリスト作り
  3. アップセルシーケンスでファン客とビジネス

についてお伝えいたしました。

あなたの参考になったでしょうか?「参考になったよ!」というあなたは、どんどんシェアしてもらって構いません。

それではまた、会いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です